プロが教える!お風呂のリフォーム失敗しないための5つのコツ

お風呂リフォームを失敗しない為のコツは、大きく言うと5つ挙げることが出来ます。それは、

 

 

の5つです。細かい話はいくらでもありますが、とりあえずこれは押さえておこうといった感じです。

タイミングや時期を外さない

お風呂リフォームの最適なタイミングは、「そろそろお風呂もリフォームしないとなぁ」と思った時です。これがリフォームの必要性を感じており、目に見えて使用が困難になってきているというサインなのです。

 

使用が困難になる要因は様々ありますが、「高齢になってきたので段差が辛い」などの身体的要因であれば、すぐにリフォームを検討した方が良いでしょう。何か事故があってからでは遅いからです。耐久年数でみた場合の最適なタイミングは「タイル張りのお風呂(在来工法)は15年」「ユニットバスは25年」程度になります。

 

また「何月にお風呂のリフォームを行うのがベストでしょうか?」と聞かれることも多いのですが、9月10月くらいに行うのがベストでしょう。

 

お風呂のリフォームに最適なタイミングや時期>>

キッチンリフォームと同時にしない

 

お風呂とキッチンを一緒にリフォームする事はお勧めしません。同じメーカーのユニットバスとキッチンの両方が希望に則したものとは限らないからです。別々のメーカーの複数の商品を同時に選んでいくのはかなりな労力であり、最終的には選ぶのに疲れて満足のいくリフォームにならない、という事も多いのです。

 

ただ、お風呂を大きくするなど間取りを変更する場合は、キッチンも一緒にリフォームすることをお勧めします。その方が間取り変更に自由が効きますので、最終的に満足のいくリフォームになるからです。

 

「キッチンも一緒にリフォームしませんか?」と営業を掛けてくる業者は多いのは、個別でするよりもセットでした方が工事費を安くする事ができ、メーカーもユニットバスと同じメーカーで揃えた方が商品代も抑える事ができるからですが、リフォーム後の満足度は低くなる可能性があるというのは忘れてはいけません。

 

お風呂のリフォームと一緒にキッチンのリフォームをおすすめしない理由>>

洗面脱衣場のリフォームは一緒にやる

 

脱衣場のリフォームは、お風呂リフォームと一緒に行った方がいいでしょう。タイル張りのお風呂からユニットバスへリフォームするなら、特に一緒に行うべきです。その理由は「洗面脱衣場とお風呂との壁を壊す場合が多い」からです。

 

壁を壊すとクロスの張替えが必要になります。洗面脱衣場の多くはクッションフロアという素材で出来ており、これの張替えはクロスと同じ職人さんが行うので、単体で頼むよりも非常に安く張り替えることができます。

 

お風呂のリフォームと洗面脱衣場は一緒にやるのがおすすめ>>

給湯器を替える必要はない

 

お風呂のリフォームをする場合、ガス給湯器にしてもエコキュートにしても給湯器の交換は絶対ではありません。給湯器の耐久年数が近いのであれば一緒にした方がいいでしょうが、まだまだ使えるものを無理に交換する必要はないのです。

 

お風呂のリフォームをした後でも給湯器の交換工事は簡単に行えます。ただし、浴槽への配管だけはお風呂のリフォーム中に新しいものに変更した方が良いでしょう。また、新しいお風呂に古い浴室リモコンが取り付く事にも注意が必要です。

 

ただし、バランス釜などの風呂釜はユニットバスには対応していないので、これは必ず取り替える必要があります。

 

お風呂リフォームは給湯器もセットで交換しなくてもよい>>

プロが教える!お風呂のリフォーム失敗しないための5つのコツ記事一覧

「そろそろお風呂もリフォームしないとなぁ」と思った時が一番良いタイミングです。「したい」ではなく「しないとなぁ…」が重要「しないとなぁ」と思ったということは、リフォームの必要性を感じており、目に見えて使用が困難になってきているということなのです。使用が困難になる要因は、ご家庭それぞれで違います。ここでは、リフォームを検討するタイミングやおすすめの時期について解説を行います。

お風呂のリフォームをする事が決まっており、「それならついでにキッチンも」という感覚であれば、お風呂とキッチンを一緒にリフォームする事はお勧めしません。これは、ユニットバスメーカーの多くはキッチンも取り扱っていますが、同じメーカーのユニットバスとキッチンの両方が希望に則したものとは限らないからです。新しくなれば何でもいいという方であれば話は別ですが、普通は「こういうお風呂がいい」「こんなキッチンにし...

お風呂のリフォームをするなら、洗面所(脱衣場)のリフォームも一緒にすることをオススメします。タイル張りのお風呂からユニットバスへリフォームする場合は、特に一緒に行うべきです。また、お風呂の隣に洗面台と洗濯機の両方がある家では、洗濯機パンも一緒に交換した方が良いでしょう。

「お風呂のリフォームをする場合、給湯器の交換は絶対ではありません」給湯器の耐久年数が近いのであれば一緒にした方がいいでしょうが、まだまだ使えるものを無理に交換する必要はありません。ここでは、給湯器をそのまま使ってもよい場合と、セットで交換した方がよい場合など様々なパターンを解説していきます。

お風呂をリフォームする際、ユニットバスとタイル張りのお風呂(在来工法)で、どちらが良いか迷っているなら、ユニットバスをお勧めします。それは機能的な部分、排水方法、工事期間の短さ、工事費用、職人さんの少なさなど、いろいろな面で現在はユニットバスの方が優れていると言えます。「檜の浴槽にしたい」や「自由設計じゃないと嫌」という強いこだわりを持っているなら、タイル張りのお風呂の方が良いと思います。しかし、...