ユニットバスはここまで進化した!驚くべき3つの基本性能

お風呂,リフォーム,ユニットバス,基本性能,進化

 

ユニットバスの基本性能は年々向上しています。

 

今までのユニットバスと比べて、浴槽のお湯は冷めにくかったり、お掃除しやすかったり、バリアフリーで段差がなかったり、ヒートショック対策で床が冷たくなかったりします。

 

この辺りの機能はグレードの高い高級なユニットバスではなく、一般的なグレードのユニットバスに標準装備されているもので、基本性能と言っても過言ではありません。

 


3つの基本性能を徹底解説

保温浴槽と保温浴室

お風呂,リフォーム,ユニットバス,基本性能,進化

 

ユニットバスの浴槽は保温浴槽と呼ばれており、お湯が冷めにくい構造をしています。これは浴槽のまわりを断熱材で覆っており、蓋も断熱効果のある仕様になっているからです。

 

メーカーによってその断熱性能は異なりますが、標準的なもので蓋を閉めた状態なら4時間後の温度低下は2.5℃程度となっています。

 

家族の多いご家庭や、18時にお風呂に入る人もいれば23時にお風呂に入る人もいるというようなご家庭には最適な機能です。また追い焚きに掛かるエネルギーも少ないので、省エネで経済的でもあります。

 

また、最近のユニットバスには浴室全体を保温する浴室保温も標準になってきています。浴室保温はユニットバスの床、天井、壁を保温材で包み、冬場の入浴を快適にしてくれます。

 

ヒートショックの予防にも一役買っており、浴室暖房と浴室乾燥との相乗相性も期待できます。

 

お風呂,リフォーム,ユニットバス,基本性能,進化

 

汚れが付きにくく落ちやすいFRP浴槽と壁床

 

ユニットバスの浴槽、壁床は汚れが付きにくく落ちやすい加工がされています。一般的なユニットバスで使用されているFRP浴槽は、従来の浴槽と比べて汚れが付きにくく落ちやすいです。FRPは繊維強化プラスチックのことで、ガラス繊維に樹脂素材を混ぜて作られる素材。

 

これに特殊コーティングが施され、汚れが付きにくく落ちやすい浴槽になっています。ユニットバスの床も同様に汚れが付きにくく落ちやすいように作られています。ユニットバスの床もFRPで作られており、浴槽とはまた違った特殊コーティングで仕上げられています。

 

またFRPはガスタンクや貯水タンクに使われている素材であり、非常に丈夫な事も特徴のひとつです。

 

ユニットバスの壁は薄い鋼板で作られていおり、ユニットバスの壁も特殊コーティングが施されており、掃除が大変しやすくなっています。さらに、タイル張りの壁のような目地(タイルとタイルのつなぎ目)もないので、カビの心配もありません。またユニットバスの壁は鏡面加工になっていることが多く、質感も非常に高いものです。

 

バリアフリー対応と冷たくない床

バリアフリーのユニットバス冷たくない床

 

近年のユニットバスは脱衣場と浴室との段差がないバリアフリー仕様になっています。浴室ドアの技術向上により、段差がなくても水が脱衣場に漏れる事はなくなりました。

 

また最新のユニットバスの床は特殊な断熱層が組み込まれており、足裏から逃げる熱を少なくしています。この事により従来の浴室と比べて感じる冷たさはかなり減少します。

オンラインカタログや実際にショールームへ行ってみよう

それぞれのリフォームメーカーのホームページにオンラインカタログがあります。冊子のカタログは請求すると個人情報を明かさないといけませんが、オンラインカタログならばネット環境があれば、スマホやパソコンですぐに見ることができます。 手軽にみることができて、オプションなど細かい情報もすぐに理解することができるので、リフォームを検討中の方は使ってほしいと思います。
(例)TOTO

TOTO

(例)LIXIL

リクシル

ショールームを見学に行く際に知っておいてほしい事

オンラインカタログで好みのものがあったのであれば、ぜひショールームに足を運び、実際にお風呂を見て体験してほしいと思います。百聞は一見に如かずとよく言ったもので、実際に体験してみるとよりリフォームに熱が入り、リフォーム後の生活が楽しみになっていきます。 さらに、分からないことがあれば、その場にいるアドバイザーにすぐに聞くことができます。機能や色柄の組み合わせなど様々な情報を知ることで、よりイメージしやすくなりますね。 現在、リフォームメーカーのショールームでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止の対応が行われています。そのため、相談に行く際に予約をしなければならない場合もあります。
LIXIL ショールーム
自宅に居ながら、オンライン上でショールームを見るだけでなく、コーディネーターによる商品の説明や、見積もり、3Dによる完成予想のイメージを見せてくれる、LIXILショールーム「オンライン接客」サービスが始まりました。ショールームでの見学はそれぞれの店舗で、完全予約制になっていますので、調べてから行きましょう。
ショールームは実際にお風呂の様子を見るためにもぜひ行ってほしい場所です。それぞれの場所によって、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止の対応は違います。最新の情報を調べて行かれることをおすすめします。

ユニットバスは浴室の主流

この10〜15年でユニットバスは日本住宅で一般的なものとなり、日本国内の普及率は90%以上と言われています。 その中でユニットバスの性能は進化を続けてきました。 ここに書いたユニットバスの性能は、一般的なランクのユニットバスに標準で付いているものです。どのメーカーにもこれらの機能は備わっており、ユニットバスの基本性能と言えます。
 
リショップナビはメーカーの機種の解説やかかる費用もすぐわかる
「リショップナビ」はリフォームの見積もり一括比較サイトです。リフォームは1社のみの提案で決めずに、3社程度見積もりをとることをおすすめしています。 複数の見積もりを比較することは、適正価格をみつけることができ、さらに、相性のよい業者を見つけることにもつながるという点でもおすすめです。

リフォーム例

一戸建て、築20年のお家の浴室リフォームをした事例を見てください。タイル張りのお風呂から、ユニットバス(TOTOサザナ)にリフォームをしています。リショップナビで62万円で施工され、4日間で完成されたのだそうです。

リフォーム

「リショップナビ」では、リフォームを利用した方の口コミ・評価、施工事例、「オススメポイント」を見て信頼できるリフォーム会社を探しましょう。 「リショップナビ」では様々なタイプのリフォームの施工事例を見ることができます。もちろん、それぞれのメーカーのユニットバスの費用や、オプションなどの情報も比較することができるので、満足できるまで追求することも可能です。

リフォーム例

同じメーカーのユニットバスを取り付けるわけですが、施工業者によって料金がバラバラです。しかし、安ければよいというわけでもありません。「リショップナビ」では過去の実績や保証内容など、様々な審査項目をクリアしたリフォーム会社のみ厳選されているので安心してまかせることができます。

リショップナビの公式サイトはこちら

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

☆★☆管理人おすすめのリフォーム新着情報はこちら☆★☆



【全国無料】信頼できる業者でリフォーム費用を徹底比較!