お風呂リフォームの一式表示の見積りは注意が必要

工事費は契約前に再チェック必須!

 

「お風呂リフォーム工事一式〇〇万円」という見積りは悪いとされていますが、これは正しい情報とは言えません。

 

細かい見積もりは、高い金額を納得させるための細工である場合もあるからです。

 

大事なのは一式〇〇万円の中にどのような内容が含まれているかです。

 

また、細かな材料費まで詳細な値段を出している見積は、悪質な意図はなくても、一式〇〇万円という見積もりに比べて総額が高くなっている可能性があります。

 

 


重要なのは見積りに含まれる工事内容

リフォーム工事一式〇〇万円という表記が決して悪いわけではありません。

 

その一式の中にどのような工事が含まれているかが明確であれば問題はありません。

 

解体工事一式 80,000円

既存浴室の解体工事(浴槽・天井・床・壁・タイルはすべて撤去)
脱衣場と浴室の壁の解体
産廃処分費・運搬費を含む

 

このような表記であれば問題はありません。内容で気になる点があれば、それは都度質問して回答を書き込んでもらいます。

 

口頭での処理は極力しないで下さい。「言った言わない」というトラブルは健全なリフォーム会社とでも起こるトラブルだからです。

 

浴槽撤去 20,000円
天井解体 15,000円
床解体 15,000円
壁解体 20,000円
産廃処理 15,000円
運搬費 5,000円

 

このような書き方だと、細かく工事内容と金額が記載されていて良い見積りに見えますが、壁解体が前述の見積と比べてどこまでの工事なのかが明確ではありません。

 

これでは浴室内のタイルは撤去するのか、脱衣場と浴室の壁は解体するのかがこの見積りでは読み取れません。

 

また、そこが明確になったとしても問題はあります。この見積りは90,000円の見積もりであり、一式表示の見積りより高額になっています。

 

見積りを細かくすればするほど、価格が上がるということはお風呂リフォームではよくあることで、ひとつの金額が小さいので誤魔化されやすいという問題もあります。

 

一式表示の方が安い見積りになる理由

リフォーム会社の利益計算は多くがどんぶり勘定です。ひと現場ごとに木材は何m使うか、釘は何本使うかなどの材料費の計算をする業者はまずありません。

 

なぜならその計算をする人件費が高くついて割に合わないからです。

 

材料費まで細かく出してくれる業者がいい業者だと言われますが、結局それを計算する人件費を上乗せしないといけないので、工事代が安くなるわけではありません。

 

むしろ材料費を細かく出せば出すほど工事代は上がる傾向にあります。

 

それは予備を考えて計算するからです。材料が足りないと工事は完工しません。

 

また失敗した時のやり直しも考えないといけないので、材料は多めに見積もらざるを得ません。

 

一式計算であれば「工事全部でこれくらい余裕があれば大丈夫だろう」となりますが、材料を細かく計算していれば全ての材料で余裕を持った分量の計算をするので、結果的に見積りが高くなってしまうという訳です。

 

技術料と材料費についての記載

職人が工事をする技術料というのはなかなか数値化できません。これを見積もりに落とし込もうとすると、問題が生じることがあります。

 

それは一式表示の場合は、ひと現場で「これくらいの利益があればいい」と思って見積もりしますが、技術料も載せるとなると「自分たちの技術を安くは書きたくない」という心理も働きます。

 

また一式計算では材料費に細かく利益を乗せたりはしませんが、項目として見積りに載せるなら、材料にも利益を上乗せして提示します。

 

さらに材料には余裕を持たせるわけですから、同じ業者が同じ現場の見積もりをしても一式表示で見積りした方が安くなる事は多いです。

 

【給排水・給湯配管工事一式 40,000円】

内容

  • 既存配管の撤去と処理(産廃処理費を含む)
  • 給水管・給湯管・排水管の新設工事
  • 追い焚き配管の新設工事
  • 新規ユニットバスと新設配管の接続工事
  • 給湯器と追い焚き管の接続工事

 

これを技術料も含めて細かい見積りを作るとこうなります。

 

既存配管の撤去技術料 5,000円
配管新設技術料 10,000円
新設配管の接続技術料 7,500円
産廃処理費 2,500円
運搬費(2日) 7,500円

  <材料費>

 
給水・給湯管

架橋ポリエチレン管(給水・給湯2mずつ) 4m4,000円
Hi変換継手(給水) 1個1,500円
銅管変換継手(給湯) 1個1,500円
平行オスアダプター継手(給水・給湯1個ずつ) 2個1,500円

排水管

75VUパイプ 2m500円
エルボ継手 1個200円
ソケット継手 1個200円

追い焚き管

ペアチューブ 4m4,000円
タケノコ継手 2個1,500円

接続管 フレキ管(給水・給湯1mずつ) 2m2,000円

 

こちらの見積りの方が、細かく項目を出されてしっかりした見積のように見えますが工事内容は全く一緒です。

 

そしてこちらの見積りは49,400円であり、一式表記の見積りより1万円も高くなっています。

 

しかし細かく項目が乗っており、ひとつひとつの金額は高くないので納得してしまいがちです。

 

私も材料費や技術料まで細かく出して欲しいとお客様に言われたことはありますが、知識のない方が見てもはっきり言って分量や金額が妥当かどうかなど解るはずがありません。

 

特に水回りは専門的な材料が多いので、この材料をこれだけ使いますと言われてもピンと来ない事が多く、見積り金額の水増しに使われるケースもあるくらいです。

細かい料金設定より「総額がいくらか」が大事

工事の契約書の見本

 

細かい料金設定の見積りはしっかりしているようで、その実、高い見積りを納得させるための手段である事も少なくありません。

 

ただし、一式表記の見積が全て良いものかというとそうでもありません。

 

工事内容が明確でない見積もりはトラブルの元であり、そのような見積りを提示してくる業者は信用しない方がいいでしょう。

 

一番重要なのは総額であり、工事内容です。

 

この二つが納得のいくものであれば、見積りに対して「細かく提示して欲しい」などの要望は出さない方がいいでしょう。


 
リショップナビはメーカーの機種の解説やかかる費用もすぐわかる

 

リフォーム例

 

「リショップナビ」はリフォームの見積もり一括比較サイトです。リフォームは1社のみの提案で決めずに、3社程度見積もりをとることをおすすめしています。

 

複数の見積もりを比較することは、適正価格をみつけることができ、さらに、相性のよい業者を見つけることにもつながるという点でもおすすめです。

 

一戸建て、築20年のお家の浴室リフォームをした事例を見てください。タイル張りのお風呂から、ユニットバス(TOTOサザナ)にリフォームをしています。リショップナビで62万円で施工され、4日間で完成されたのだそうです。

 

「リショップナビ」では様々なタイプのリフォームの施工事例を見ることができます。もちろん、それぞれのメーカーのユニットバスの費用や、オプションなどの情報も比較することができるので、満足できるまで追求することも可能です。

 

リフォーム例

 

同じメーカーのユニットバスを取り付けるわけですが、施工業者によって料金がバラバラです。しかし、安ければよいというわけでもありません。「リショップナビ」では過去の実績や保証内容など、様々な審査項目をクリアしたリフォーム会社のみ厳選されているので安心してまかせることができます。

 

リショップナビの公式サイトはこちら

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

☆★☆管理人おすすめのリフォーム新着情報はこちら☆★☆



【全国無料】信頼できる業者でリフォーム費用を徹底比較!