自分にあったユニットバスメーカーを簡単に見つける方法

自分にあったユニットバスメーカーを見つける方法

 

「ユニットバスメーカーが打ち出している独自のオプションを見比べる」

 

この方法が、自分にあったユニットバスを見つける一番早い方法です。どのメーカーも基本的な性能に大きな差はありません。しかしその分、各メーカーは他社にないオリジナルの性能を自社商品に持たせています。

 

その特色を見て「欲しい」と思うかどうかでメーカーを選ぶと良いでしょう。

 

オンラインカタログで特色を調べる

 

お風呂,リフォーム,ユニットバス,メーカー,見分け方

 

ユニットバスの基本性能はどのメーカーもさほど変わりません。違いはメーカーごとのオプションです。メーカーの特色は、メーカーサイトに用意されているオンラインカタログですぐに調べることができます。その特色を見てメーカーを選べば、大きく希望から外れることはないです。

 

ユニットバスの基本性能として、保温浴槽、節水シャワー、冷たくない床、バリアフリー(浴室と脱衣場の段差なし)は標準と言っていいでしょう。それ以外のオプションを見比べる事が大切です。各メーカーのホームページでも特色を調べることができますが、カタログが一番わかりやいと思います。

 

カタログはメーカーサイトやショールームから取り寄せられますが、最近はどのメーカーもオンラインカタログを用意しています。これは通常のカタログをネット上で見られるサービスです。紙媒体のカタログと内容は全く変わりませんので、非常に見やすい作りになっています。

 

カタログの最初に特色は書いてある

各メーカーの特色はカタログのトップに書いてあります。大きな写真と共に、そのメーカーが特に推している性能が紹介されています。目安としては価格が示されるプラン例が出てくるまでが、特色の紹介と思ってよいでしょう。

 

中には基本性能と言える、保温浴槽、節水シャワー、冷たくない床、バリアフリーを特色として紹介しているメーカーもあります。タイル張りのお風呂からユニットバスへリフォームするなら、大きな特色になるからです。これらの性能は除いて特色を見比べてください。

 

その特色にピンと来なければ選択肢から外してよい

主要な住宅用のユニットバスメーカーは、TOTO、LIXIL(旧INAX)、Panasonic、クリナップ、タカラスタンダード、トクラス(旧ヤマハリビングテッド)、ノーリツの7つです。まずは全てのメーカーのカタログを、最初の10ページくらいだけでも見てみるとよいでしょう。

 

ピンと来るメーカーもあれば、全く魅力を感じないメーカーもあるはずです。ピンと来たメーカーの中からユニットバスを選べば、まず間違いはありません。実際にショールームでその性能を体感すれば、より失敗のないリフォームとなるでしょう。

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

☆★☆管理人おすすめのリフォーム新着情報はこちら☆★☆



【全国無料】信頼できる業者でリフォーム費用を徹底比較!