ショールーム行けない方必見!お風呂カタログの正しい見方

お風呂,リフォーム,ユニットバス,ショールーム,カタログ,見方

 

ショールームへ行かなくてもカタログのポイントさえ押さえておけば、ユニットバスのプラン作成は可能です。

 

本当はショールームへ行くことが一番ですが、近くにショールームがないなど、ショールームへ行けないならカタログで選ぶしかありません。

 

しかし、リフォーム業者の主導でカタログを見ながら選んでいると、リフォーム業者に都合のいいプランになってしまう可能性もあります。

 

カタログで見るべき場所は特色とプランニングガイド

ユニットバスのカタログでまず見るべきは特色の部分です。

 

その後は、カタログの中盤くらいにあるプランニングガイドを見ていけば、ユニットバスのプランは作成できます。

 

そのユニットバスの特色はカタログを開いて必ず最初の方に集中して載っています。

 

特色が書かれているページの目安は10ページから20ページ前後。

 

1ページ目から価格の表示されているプランの紹介ページになるまでが、特色の紹介だと思ってもらって結構です。

 

この特色を見て特に惹かれるものがなければ、他のユニットバスメーカーに乗り換えると良いでしょう。

 

次に基本プランを決めます。これは特色の次に載っている事が多く、何パターンかのグレードに分けてプランという形でメーカーが用意しているものです。

 

特にオプションなどが必要なければこの中から選ぶだけで、ユニットバスのプランは完成します。

 

お勧めは保温浴槽、冷たくない床がセットされているプランです。それがそのメーカーの標準的なプランと思ってください。

 

オプションや浴槽の変更などが必要であれば、カタログの中盤あたりに載っているプランニングガイドやセレクトガイドと呼ばれる、基本プランに変更を加えるページを見るとわかりやすいです。

 

カタログの入手方法

カタログはインターネットで簡単に手に入ります。

 

現在はほとんどのメーカーがホームページでカタログの請求を受け付けています。

 

氏名や住所を入力し、どのカタログが欲しいかを選択すれば4〜5日で届きます。

 

またオンラインカタログも主流になっており、インターネット上でカタログを閲覧することも可能です。

 

これは実際のカタログと同じものをデータ化したものですので、内容は変わりません。

 

プランを作成するだけであれば、オンラインカタログでも十分と言えます。

 

プランニングガイドに丸を付けていくだけ

 

カタログを入手しプランの選択ができたら選択した内容に丸をつけていきます。

 

紙媒体のカタログなら後で変更することも考えてコピーしてからコピーの方に丸を付けるとよいでしょう。

 

丸を付ける場所は基本プランのページとプランニングガイドの選択項目です。

 

該当するものに丸を付けていくだけで大丈夫です。

 

お風呂,リフォーム,ユニットバス,ショールーム,カタログ,見方

 

お風呂,リフォーム,ユニットバス,ショールーム,カタログ,見方

 

プランニングガイドには工事に関わることも選択肢もありますが、分からなければそこは飛ばして下さい。

 

工事をお願いする業者が決まってから、その業者と相談して決めても問題ありません。

 

ただし、見積もり金額は変更になります。工事部材の選択でそこまで大きく差が出ることはありませんが、5万円前後は高くなると思っていて下さい。


電話で必ず確認を取ること

電話オペレーターの爽やかな笑顔の男性

 

カタログに丸を付けられたら、それをショールームにFAXかメールで送ります。

 

そうすると、ショールームでそれを元にプラン冊子を作成して郵送してくれます。

 

ショールームで作成されたプランには現場ナンバーが割り振られていますので、それが書かれたページをコピーして見積りを依頼する業者に渡すだけで、業者は見積もりをする事が可能です。

 

ただし、メーカーやショールームによっては、個人での対応を受け付けていない場合もありますので、事前に電話で確認が必要です。電話では以下の流れで話をして下さい。

 

  1. お風呂をリフォームするので、〇〇さん(メーカー名)のユニットバスを検討している
  2. 遠くて(他の理由でも)そちらのショールームまでいけない
  3. FAXやメールでもプランの作成を受け付けてくれるか?

 

このように話せばスムーズでしょう。まず「お風呂をリフォームする」と言い切り「〇〇さん(メーカー名)で検討している」と話せば、絶対に邪険には扱われません。

 

カタログでわからないことがあっても、これと同じ流れで問い合わせをすれば、丁寧に教えてくれます。

 

また、FAXやメールでの受付をしていない場合も、どのようにすればプラン冊子を作成してくれるか教えてくれるはずです。


ショールームに行けるなら行った方が絶対に良い

お風呂,リフォーム,ユニットバス,ショールーム,カタログ,見方

 

これはどうしてもショールームに行けない場合にのみ活用して下さい。

 

ショールームに行けるのであれば、必ず行った方が満足のいく商品選びができます。

 

来場予約さえしておけば、アドバイザーが商品の説明や家庭に応じたオプションの選び方などもアドバイスしてくれます。

 

また、ユニットバスの質感や色味はカタログでは伝わりません。ショールームで実物を見ることが一番です。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

☆★☆管理人おすすめのリフォーム新着情報はこちら☆★☆



【全国無料】信頼できる業者でリフォーム費用を徹底比較!