お風呂リフォームでの注意点!ガス給湯器とエコキュートの最大の違いは追い焚き機能にあった

エコキュートとガス給湯器の違い

 

お風呂リフォームと一緒に給湯器も入れ替える場合、追い焚き機能を頻繁に使うならガス給湯器をお勧めします。

 

エコキュートにも追い焚き機能はありますが、ガス給湯器に比べると非常に効率が悪いからです。

 

追い焚き機能をさほど使わない場合、ご家族が2〜5人ならエコキュートの方が圧倒的に経済的です。それ以外の人数ならガス給湯器がいいでしょう。

 


ガス給湯器とエコキュートの追い焚き機能の違い

お風呂に関して言えば、エコキュートとガス給湯器の一番の違いは追い焚き機能です。お風呂リフォームと一緒に給湯器を交換する時、エコキュートかガス給湯器かで迷う方も多いですが、追い焚きを頻繁に使うかどうかで決めてもよいでしょう。

 

もちろんエコキュートにも追い焚き機能はありますが、ガス給湯器に比べるとその性能は劣ります。ガス給湯器は追い焚きをする時には、当然ですがガスの燃焼を利用します。

 

これに比べてエコキュートの追い焚きは、貯湯タンクに溜まったお湯の熱を利用しているため効率が悪いです。ガス給湯器は鍋に直接火をかけてお湯を沸かしているのに対して、エコキュートは湯煎でお湯を沸かしている感じです。

 

ガス給湯器追い焚きの仕組み

リフォーム,給湯器,エコキュート

 

エコキュート追い焚きの仕組み

リフォーム,給湯器,エコキュート

 

基本的にはエコキュートの方が経済的

 

エコキュートの方が経済的

この事が問題なのはランニングコストが掛かることと湯切れの可能性があることです。基本的にエコキュートはガス給湯器に比べて経済的です。

 

コンロもIHにしてオール電化にすれば、その効果はもっと大きくなりますが、追い焚きをすることによってランニングコストは大きく変わってしまいます。

 

エコキュートは夜間の安い電力を利用し、お湯を沸かして貯めておくという商品です。日中は夜間に貯めたお湯を使い、夜間にまた貯めるという事を繰り返します。そして、夜間電力を安く購入するには、それ専用の契約を電力会社と交わす必要があります。

 

その為にはエコキュートが必要で、それだけでもエコキュートは経済的であると言えます(近年ではエコキュートがなくても夜間電力が安くなる契約を交わせる電力会社もあります)。

 

しかし追い焚き機能は、その経済性を損なわせるものです。

 

夜間に貯めたお湯の温度は80℃前後で、お風呂やキッチンでお湯を使う時はこれに水を混ぜて40℃前後にして使います。追い焚き機能を使うと貯めたお湯の熱を非効率に使うことになり、お湯の量を減らします。

 

エコキュートの場合、追い焚きをするなら足し湯をした方がタンクのお湯の減りは少ないと言います。1日経った浴槽のぬるま湯をお湯に変えるなら、排水して新たに湯はりした方が経済的です。ガス給湯器の場合、追い焚きと給湯に使うガスの量は基本的に変わりません。

 

エコキュートで一番やっかいな湯切れ

 

エコキュートで湯切れ

タンクのお湯が減ると、夜間電力の時間になる前にエコキュートはお湯を作り始めます(電力会社にもよりますが夜間電力は23時以降の事が多いです)。

 

夜間電力は日中の電力と比べると70%オフくらいの値段で購入でき、エコキュートはこの安い夜間電力でお湯を作ることが大前提で経済的と言われていますので、日中にお湯を作るならガス給湯器の方がはるかに経済的です。

 

ですので、エコキュートは基本的にどれだけお湯が減っても日中にはお湯を作らない設定になっています。ここで問題になるのが湯切れです。ガス給湯器は水道水を瞬間的にお湯に変えますが、エコキュートは時間をかけて水をお湯に変えます。

 

タンクのお湯がなくなってからお湯を作り始めた場合、1時間は待たないとお湯を使うことはできないのです。

 

追い焚きを頻繁に使う場合、湯切れの心配があり、それを解消するにはランニングコストをかけなければならず、エコキュートの特徴である経済性を損なってしまいます。

 

ですので、お風呂リフォーム時に給湯器をエコキュートにしようかどうか迷っている人は、追い焚き機能を使うかどうかをひとつの判断基準にするとよいでしょう。

 

エコキュート交換を検討しているならキンライサーがおすすめ

 

 

エコキュート専門店であり水回りのスペシャリスト集団、キンライサーは給湯器一筋20年の企業です。エコキュートや給湯器の交換ならおすすめします。

 

エコキュートの取外し処分はもちろん、入替工事も費用に含まれているので料金もわかりやすいという特徴が。10年間無料商品保証・10年間無料工事保証がついており、最新機種が最大75%安くなるということで利用者の満足度も高く、施工実績は100,000件突破しています。

 

CMでお馴染み!エコキュート交換工事もNo.1の安くてごめんねキンライサー

こんなご家庭にはエコキュートをおすすめしない!

エコキュートは大家族には不向き

 

6人以上のご家庭にはエコキュートはおすすめしない

 

追い焚き機能を使わなくても、ご家庭の人数が6人以上の場合はエコキュートをおすすめしません。

 

これは、エコキュートの貯湯タンクの容量は370Lと460Lが一般的であり、460Lを使っていても6人以上のご家庭では湯切れの可能性が高いからです。エコキュートは貯湯タンクに貯めた80℃前後のお湯と水道水を混ぜて、40℃前後のお湯として使うので、夏場と冬場で使えるお湯の量は変わります。

 

地域によって異なりますが、一般的に貯湯タンクが460Lの場合、夏場にお湯として使える量は900Lほどになります。

 

しかし、冬場だとこれが750L程度にまで減ってしまうのです。

 

浴槽にお湯を張るには約180Lのお湯が必要です。シャワーは一人あたり80〜100Lが一般的だと言われていますので、家族6人がお風呂に入ると750Lではギリギリの量であり、追い焚きはもちろん、キッチンや洗面でお湯を使うこともままなりません。

 

日中にお湯を使いながらお湯を作れば湯切れは防げますが、それではエコキュートの経済性が薄れてしまうので、湯切れの心配のないガス給湯器にしておいた方が無難です。

 

一人暮らしでもエコキュートはおすすめしない

 

1人暮らしの場合もエコキュートはおすすめしません。

 

もちろん湯切れの心配はありませんが、そもそも一人暮らしではお湯をさほど使わないので、ガス給湯器の方が経済的でしょう。エコキュートのランニングコストは安いですが、イニシャルコストはガス給湯器の倍以上します。

 

長い目で見ればイニシャルコストの差をランニングコストがカバーし、エコキュートの方がお得であると言えます。しかし、お湯の使う量が少ない一人暮らしであれば、ガス給湯器でもランニングコストはさほどかかりません。長い目でみてもエコキュートがお得になる事はないでしょう。


お風呂リフォームでガスの職人は来ない

ガス工事の職人は来ない

 

お風呂リフォームと一緒に給湯器を変える場合、工事代だけを見ればエコキュートの方がお得です。

 

お風呂のリフォームにガスの職人は必要ないからです。しかし、その差はあまり大きなものではありませんので、給湯器を選ぶ決定打にはなりません。

 

お風呂のリフォームをする時、ガス給湯器を取り替えないのであればガス管を触ることはありません。ガス給湯器も一緒に取り替えるのであれば、ガスの職人を新たに呼ぶことになるので、ガス給湯器の交換費が丸々リフォーム代に上乗せされます。

 

しかし、お風呂のリフォームに必要な電気と水道の職人は、エコキュートの工事に必要な職人と合致します。エコキュートの設置は、リフォームの片手間に出来るほど簡単なものではありませんので、設置費用はもちろんかかります。

 

ですが、お風呂リフォームと同じ職人が作業をするので、エコキュートだけを設置する時よりは安くなる事が多いです。

 

エネファームはお勧めしない

 

エネファームのしくみ

 

ガス給湯器でもエネファームはお勧めしません。エコ商品ではありますが、経済的ではないからです。エネファームはガスを使用する時に電気を作るもので、電気代を抑えられる商品です。しかし、そのイニシャルコスト(導入するのにかかる費用)は多大なものです。

 

給湯器のイニシャルコスト一覧
  • 普通のガス給湯器 20〜30万円前後
  • エコキュート 60万円〜80万円前後
  • エネファーム 140万円〜200万円前後

エネファームはエコキュートの倍以上、ガス給湯器の約7倍もの費用がかかります。

 

ガス給湯器との最小差額120万円を10年で埋めようと思うと、年間12万円のランニングコスト差が必要ですが、残念ながらエネファームにそこまでの力はありません。

 

お風呂のリフォームと一緒に給湯器を変える必要はない

 

お風呂のリフォーム時に給湯器もセットで交換する方は非常に多いですが、必ずしもセットで交換しなければいけないものではありません。

 

給湯器の耐久年数が近いのであれば一緒にした方がいいでしょうが、まだまだ使えるものを無理に交換する必要はありません。本当に必要かどうか、そして交換するなら何がいいのか、よく考えて決めてください。

 

給湯器をそのまま使ってもよい場合と、セットで交換した方がよい場合など、様々なパターンを解説しているので詳しく知りたい方はこちらへどうぞ⇒風呂リフォームで給湯器まで変える必要はない!


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

☆★☆管理人おすすめのリフォーム新着情報はこちら☆★☆



【全国無料】信頼できる業者でリフォーム費用を徹底比較!